CINEMA FREE ZONE
ジョージ・A・ロメロ/ゾンビの世界

 


ジョージ・A・ロメロ/ゾンビの世界
『死霊のはらわた』

『死霊のはらわた』
(1983年/日本公開1985年2月)
アメリカ 86分

20周年アニバーサリー 死霊のはらわた

監督サム・ライミ 製作ロバート・G・タパート 製作総指揮ブルース・キャンベル ロバート・G・タパート サム・ライミ 脚本サム・ライミ 撮影ティム・ファイロ 編集ジョエル・コーエン 音楽ジョセフ・ロドゥカ
?
出演ブルース・キャンベル エレン・サンドワイズ ベッツィ・ベイカー リンダ・ウィリアムズ  ハル・デルリッチ サラ・ヨーク

 休暇を過ごすために山小屋を訪れた4人の男女が「死者の書」を発見し、そこに書かれた呪文を唱えてしまったために古代の邪悪な死霊たちが蘇る。4人は次々に死霊に襲われ体をのっとられ、最後に残ったアッシュは死霊たちと生死を賭けた壮絶なバトルを繰り広げる。
 『スパイダーマン』の成功でハリウッドのヒットメーカーに登りつめたサム・ライミ監督の劇場用長編映画処女作。素人同然の監督による低予算映画ながら独特のカメラワークやコミックタッチで暴走気味のパワフルな演出、そしてスプラッターの名を世に定着させたこれでもかという残酷描写によってホラー映画の金字塔となった超快作。80年代半ばのスプラッター映画ブームはここから始まり、アダルトアニメなどにみられる「触手物」というジャンルもここから生まれるなど、後のサヴカルチャー全般に与えた影響も大きい。
 逃げ場の全くない空間における、圧倒的なパワーを持つ死霊との生死を賭けた血みどろのバトルは、ハラハラドキドキの連続で息つく暇もない。20年以上前の映画だが何ら予備知識もなくいきなりこの映画を観ればいまだ多くの人が衝撃を受けるはず。くだらないストーリーや設定であっても演出力で映画はどうにでもなることを証明したサム・ライミの才能は圧巻。シリーズの中でも1がずば抜けておもしろい。


サバイバル度☆☆☆☆☆
パワフル度☆☆☆☆☆
残酷性☆☆☆☆☆
エロ☆☆☆




ゾンビ映画レビュー


Copyright (c) CINEMA FREE ZONE
CINEMA FREE ZONE

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー